SITE NAVI
プロに解決してもらえる法律相談の必要性

婚姻に関する法律相談が増えています。

プロに解決してもらえる法律相談の必要性
先日、ラジオを聴いていると、法律相談のコーナーが始まりました。相談の内容は、夫婦関係の問題です。俗によくある不倫関係の悩みでした。夫が知人の女性と一緒に、自動車の中で、疑問の生じるような行為に及んでいた所を相談者が目撃したと言うものです。なかなか衝撃的な場面ですが、夫は不倫関係を否定しています。もちろん、相手の知人の女性も、これを否定しています。しかし、どうしても納得いかない相談者から、出された答えは、離婚です。離婚を前提にした相談です。答えに応じた弁護士が、離婚の意思を確認した上で、法定の離婚条件に当てはまるのかを、検証して行きます。まず、民法上の中、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するのかどうかが、問題になります。これが認められれば、離婚が認められると言う事になります。

法律相談で相談者が、婚姻継続する上で、このような不貞行為に類されるように未遂行為が、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当し、離婚が認められるのか、否かどうかです。この不貞行為が、今回が最初の1回だけか、それとも、何度も継続して行われて来た行為かで、違いも生じます。夫婦関係が修復出来ないほど、崩壊した行為か、修復出来る可能性があるのかで、問題の結果が変ります。こうした法律相談が、当事者の気持ちで、結果が変わることも多いです。

関連サイト

Copyright (C)2017プロに解決してもらえる法律相談の必要性.All rights reserved.